FortniteができるゲーミングPCを予算45,000円で購入する前に確認したことをまとめてみました。

中古PCをゲーミングPCに改造するテクニック

中古PCをゲーミングPCとして改造するためのテクニックがあります。ネット上では魔改造って言われているのかな?

その一つが、中古PCにビデオカード(グラフィックボード、グラボ)を追加するパターン

中古のcore i5 第4世代以上のHP(EliteDesk 800)やDELL(Optiplex 7010 SFF)のPCに、Geforce GTX 1650などのビデオカードを追加するとゲーミングPCの出来上がり。

この記事Youtubeを参考に、Fortniteの推奨スペックを満たすゲーミングPCを探しました。

参考までFortniteの推奨スペックを書いておきます。

Fortniteの推奨スペック

・ビデオカード: NVIDIA GeForce GTX 660 or AMD Radeon HD 7870 以上の DX11 GPU
・ビデオメモリー: 2 GB VRAM
・CPU: Core i5-7300U 3.5 GHz(2コア4スレッド2.6GHz)
・メモリ: 8 GB RAM
・OS: Windows 7/8/10 64-bit or Mac OS Mojave 10.14.6

出典 Fortnite公式HP

中古PCを購入する際に気を付けた6つのスペック

(1)「拡張スロット」ビデオカードが装着可能

ビデオカードを追加すると一気にゲーミングPCとしてのスペックが向上します。

ネット上の情報では、Geforce GTX1650GTX 1050 Ti であれば、中古のPCでも問題なく使えることが多いで、その2つを候補にあげました。

Geforce GTX1650だと補助電源不要でPCI 16スロットに差し込むだけで認識し、価格もGTX 1050 Tiとほぼ変わらないので、Geforce GTX1650を購入しました。

HP(EliteDesk 800)やDELL(Optiplex 7010 SFF)などの小型PCではロー・プロファイル対応のグラフィックカードが必要となりますので中止が必要です。

ロー・プロファイル対応のグラフィックカードとは

ビデオカードはこの動画を参考に簡単に交換することができました。
ビデオカードの交換方法

(2)「CPU」

core i5・core i7の第四世代以降であれば十分と言われています。

Fortniteの公式HPでの推奨スペックは Core i5-7300U 3.5 GHz

Core i5-7300Uのスペックは製造者であるIntelの公式Hpでは2コア4スレッド2.6GHz

corei5 4770 など4桁のCPUの番号が4以上を選ぶと失敗しません。

CPUのコアスレッド
画像はこちらのサイトから転載引用させていただきました。

今回購入したCPUは4コア8スレッド3.4Ghzなので推奨スペックは満たしています。

corei7

(3)「メモリ」

Fortniteでは8GB以上が推奨されていますが追加で16GBにしました。

メモリはこの動画を参考に簡単に追加することができました。
デスクトップパソコンのメモリ交換(Dell公式Youtube)

(4)「Windows 10」64bit版インストール済み

新規にPCを組む場合はWindows 10 64bit版(OS)を購入するしなくてはなりません。中古PCの場合はWindows 10 64bit版がすでに含まれていますので購入不要となります。

中古PCを選択したのはOS代が不要であるためなのです。Windows 10 64bit版を正規に購入すれば最低でも13,000円程度必要になります。

(5)HDD500GB以上

できればSSDプラスHDD

120GBだとFortniteはインストールできないので最低でも240GBできれば500GB必要となります。

(6) 信頼できる店舗から購入

今回はメルカリで購入しました。

メルカリでパソコン購入するのはトラブルが多いのでお勧めしません。前回、メルカリノートパソコンを購入した時は商品説明を異なるスペックかつ壊れたラップトップが送付され、最終的にはキャンセルとなりました。

今回のメルカリで販売者は評価も高く、値段も手ごろに購入できましたが、信頼できるお店からの購入が良いと思います。(内部はほこりだらけで掃除にかなりの時間がかかりました。)

この辺のお店でしたら中古品を購入しても保証はありますし問題はないのでは。

ドスパラ   → 中古ゲーミングPC
パソコン工房 → 中古ゲーミングPC
ソフマップ  → 中古ゲーミング

中古であれば13,000円をビデオカードに投資できます。

購入した中古PCのスペック

今回、メルカリで26,000円で購入したPCのスペックです。

CPUCorei7 第4世代 (Corei7 4770)
メモリ8GB → 8GB追加して16GBに増強
ビデオカード(2GB)→ ビデオカードをGeforce GTX 1650に変更
120GB SSD + 1TB HDD
Windows 10 Home

合計金額

PC 24,000円
メモリ追加 3,390円
ビデオカード 14,980円
合計42,370円

ネットサーフ、Google Documentでの文章作成、YoutubeのHD画質での閲覧等、余裕です。

ゲームはFortniteしか試してませんが、フレームレートは常時60を超えているので特に問題はないようです

中古でゲーミングPCを買う場合の注意点まとめ

・信頼できる店から買う
・Core i5 2コア4スレッド2.6GHz以上(第四世代のCorei5がおすすめ)
・メモリ8GB以上
・ビデオカードはGeforce GTX1650GTX 1050 Ti

以上の点に気を付ければ大きな失敗はないのかなって感じます。