DocomoからIIJmioにMNP

MNPでIIJmioに申し込みした場合に、初期手数料無料、スマホが110円で購入できるキャンペーンをやっていたので、MNPしました。

IIJmioMNP

Docomoはスマホの最低額のプランで月額1,980円で運用していましたが、15年以上使っている電話番号でSMS認証などで使っているので電話番号を維持したいだけです。この電話番号からは通話しません、電話が受けられて、SMSでメッセージが受けられれば良いのです。

Docomoを解約するに際してネックになっていた費用は13,750円(税込)はIIJmioで110円で購入したXiaomi Redmi 9Tをメルカリで売却したところ、すべての費用を除き11,900円の利益となりましたので、良しとします。

それにしても2年縛りの違約金は高いですね!

Docomoの解約費用

Docomoの2年縛りの違約金⇒10,450円
携帯電話番号ポータビリティ手数料⇒3,300円
の合計13,750円(税込)が必要になります。

MNPの流れ

Docomo側

Docomo(151)に電話をしてMNPをしたい旨告げます。ネットワーク暗証番号が必要となります。

MNPに際しては、(1)MNP予約番号 (2)MNP転入予定の携帯電話番号 (3)MNP予約番号有効期限が必要となります。しっかり紙にメモしました。

IIJmio側

すべてネットで完結します。

(1)MNP予約番号 (2)MNP転入予定の携帯電話番号 (3)MNP予約番号有効期限とクレジットカードが必要

2021年3月現在、キャンペン中の「ミニマムスタートプラン」音声SIM5GBに申し込みました。

IIJmioミニマムスタートプラン

申込みの翌月から12ヶ月間、月額990円(税込)となります。申し込み月は1,760円の日割となるので、なるべく月の後半に申し込んだ方がお得になります。申し込み月はギガ数も3Gの日割となります。ご注意を!

IIJmioのギガプラン(2021年5月開始)にも無料でプランを変更できるの出来ますが、ミニマムスタートプランのギガ数は5GBですから、ギガプランよりもお得かもしれません。

SIM到着

申込みから4日後にSIMカードとスマホがヤマト運輸で到着しました。

IIJmioの開通手続きは同封の説明書通りにすれば数分で完了します。DocomoからIIJmioにMNPをして電話が繋がらない期間はありません。

実際に使ってみて

iPhone XRで、楽天モバイルをeSIM、IIJmioをSIMカードで運用しています。問題は全くありません。

自宅ではwifiを使用しているので、IIJmioのギガ数5GBで十分です。楽天モバイルは2021年6月まで無料期間ですがデータ通信はIIJmioを使い、無料期間修理後は0円運用を予定しています。

電話をかける時は、IIJmioのデータ通信を使って、楽天Linkを使えば通話料無料でかけ放題となります。

IIJmioには低速モード機能があります。300kbpsと低速ですが低速モードにしている間は月のギガ数が減りません。楽天Linkの通話に問題がありませんので、データ通信無制限、話し放題のスマホが990円で完成しました。

ウエブの閲覧も低速モードでは少し遅いなって感じますが、それなりに使えます。5Gありますから高速モードも使えますし。なお、低速モードでは動画、ビデオ通話は諦めたほうが良いです。