Windows10とCloudreadyのデュアルブート環境をAltair VH-AD3Sで作った。

Altair VH-AD3S

マニア向けPCメーカーのドスパラで最安値のノートパソコンを購入しました。ネット上の評判では目的さえ絞れば使えるという印象。

SSDを増設することで、Windows10とCloudreadyにて、デュアルブートできるとできるのではと思い、Altair VH-AD3S(ドスパラ)をさっそく購入しました。

Chromebook化するとCeleron N3450でもかなり快適に使えるのではというイメージです。

[かぶ] Acer Chromebook 514のN3450モデルが米Amazonに待望の入荷。そこで競合するASUS C423NA国内モデルと比較してみました。

Altair VH-AD3S(ドスパラ)について

定価 27,255円(税抜)
スペック 
OS:Windows 10 Pro 64ビット
CPU:インテル Celeron N3450(1.10GHz-2.20GHz/4コア/4スレッド)
グラフィック:インテル HDグラフィックス500(CPU内蔵)
メモリ:4GB (増設不可)
ハードディスク:64GB eMMC
SSD:追加可能(M.2-2242/2260/2280 S-ATA)
公式HP https://www.dospara.co.jp/5info/cts_vh-ad3s

ドスパラから届くまで

・オンラインで22時ごろ発注後、翌々日にヤマト運輸にて到着
・送料が3,300円(税抜)必要
・ドスパラ通販では支払いにAmazonの会員登録を使えるので煩わしい入力は不要
・支払金額合計は33,280円 (定価27,255円+送料3,000円)→30,255円に消費税額3,025円を加えた金額=33,280円

Windows10での使用感

・指紋認証は便利で早い
・Web閲覧は問題なし
・Abema TV、Youtube、Amazon ビデオ、Netflixは快適
・Western Digital SSD 120GBに変更したらより快適

Chromebook化した

CloudreadyにてChromebook化したところ快適なのでWindows10とCloudreadyにて、デュアルブートできるように設定しました。

Cloudreadyとは

Cloudreadyの公式HP(英語)
余ったマシンで無償Chromium OSをお試し! Neverwareの「CloudReady」

以下がデュアルブート化した手順です。

SSD(M.2-2280)とUSBメモリーが必要となります。

64GB eMMC→Cloudready(Chromebook)
Western Digital SSD 120GB→Windows 10 を以下の手順で設定しました。

(1) SSDをAltair VH-AD3Sに装着
ここのネジを開ける
VH-AD3S

ここにSSDを装着
VH-AD3S

SSDの向きはこんな感じ
VH-AD3S

(2) eMMCのWindows 10 をSSDにクローン
EaseUS Todo Backup Freeを使ってクローンSSDを作成する方法

(3)SSDからWindows 10が起動を確認して、SSDを外す

(4) USBメモリにCloudreadyをインストール

(5) CloudreadyをAltair VH-AD3SのeMMCにインストール
CloudReady – USBメモリから起動して使えるChrome OS(Chromium OS) を使ってみよう!

(6) eMMCからCloudreadyが起動を確認して、SSDを取り付ける

(7) ここでWindows 10 とCloudreadyのデュアルブートが可能に

(8) デュアルブートは起動後、Deleteキーを押し、BIOSを起動し、OSをCloudreadyかWindows 10を選択します。

BIOS(バイオス)とは?種類や設定方法を開設!(ドスパラ公式ページ)

VH-AD3S_bios

VH-AD3S

VH-AD3S_windows

VH-AD3S_cloudready